ロゴ

一目惚れした時はゆっくりと相手のことを知っていこう

男性

これまで話をしたこともないのに、初対面で何の前触れもなしに恋に落ちてしまうという現象があります。それは一目惚れと呼ばれていて、体験したことがある方もたくさんいるはずです。もしも、一目惚れしたというのなら、いきなり告白をするのではなく、まずは知り合いになることから始めましょう。お互い一目惚れをしたという奇跡的な状況でなければ、いきなりの告白が成功する確率は低いです。しかし、知り合いになってお互いを理解すれば、恋仲に発展する可能性は十分にありますので、そちらのチャンスにかけたほうがよいでしょう。なお、一目惚れしたというのが相手に分かってしまうと、避けられる可能性がありますので、さりげない出会いを演出することをおすすめします。

一目惚れしたときに一番やってはいけないことは、勝手に理想像を築き上げてしまうことです。イメージを膨らませていって完璧な相手だと考えることで、ちょっとしたマイナスイメージで恋が冷めやすくなってしまいます。せっかく恋をしたのに、話しかけないうちに無かったことにしてしまうのはとても勿体ないため、きちんと相手を知ることから始めましょう。なお、勝手に幻滅をしないための簡単な方法は、イメージが膨らむ前に声をかけてしまうことです。一目惚れだと接点がないかもしれませんが、行動を起こさなければ、想像しかできないため、早めに知り合いになってしまいましょう。知り合いになれれば、想像ではない事実を知れるので、本当の恋を築けるはずです。

カップル